―装備紹介―

軍用品が当たり前のように流通しているロスサントス市内においては、一瞬の油断が命取りです。 


―車両―

制式車両の多くは不意の銃撃戦に備え、防弾ガラスや鋼鉄のパネルを装備しています。止むを得ず一般車を盾として用いる場合には、銃弾が貫通しにくいエンジンやホイールといった箇所をカバーポジションとして利用してください。


𝐔𝐛𝐞𝐫𝐦𝐚𝐜𝐡𝐭: 𝐎𝐫𝐚𝐜𝐥𝐞 𝟐𝐧𝐝 𝐆𝐞𝐧.

オラクルはJMPDの活動に必要不可欠な車両であり、苦楽を共にしてきた相棒であり、そして我々のモットーを体現するシンボルでもあります。気品と風格を兼ね備えたエクステリアは要人警護に、ドイツ車随一の走行性能は被疑者の追跡や緊急時の脱出に、広々としたインテリアは勤務中のお昼寝に適しています。 


𝐄𝐧𝐮𝐬: 𝐂𝐨𝐠𝐧𝐨𝐬𝐜𝐞𝐧𝐭𝐢 𝐁𝐮𝐥𝐥𝐞𝐭𝐩𝐫𝐨𝐨𝐟 𝐕𝐞𝐫.

VIPの警護に使用する防弾仕様のコノシェンティは、大統領専用車に匹敵する堅牢さを誇ります。以前はCBRNE災害*1への対策として車内後部は完全気密となっており、いかなる有害物質も通さない仕様となっていましたが、VIPが熱中症や窒息で搬送される事故が生じたためエアコンが設置されました。

*1 化学物質、生物、放射性物質、核、激発物


𝐃𝐮𝐧𝐝𝐫𝐞𝐚𝐫𝐲: 𝐋𝐚𝐧𝐝𝐬𝐭𝐚𝐥𝐤𝐞𝐫 𝐗𝐋

新型ランドストーカーは先日発売されたばかりですが、既に各公的機関から高い評価を得ています。JMPDでも試験的な導入を完了しており、実戦におけるデータを収集・分析した後に制式車両として採用する見込みです。なお車両価格の高さというネックは、税金を湯水の如く流用することで解消する予定です。 


―銃火器―

支給品の紛失や横領に対しては、戒告や減給、降格、懲戒免職、火葬といった処分が下される場合があります。詳しくは職員規約をご覧ください。


𝐕𝐨𝐦 𝐅𝐞𝐮𝐞𝐫: 𝐏𝐱𝟏 𝐁𝐫𝐞𝐞𝐳𝐞 𝐂𝐨𝐦𝐛𝐚𝐭 𝐏𝐢𝐬𝐭𝐨𝐥

この低反動かつ高精度、携帯性と取り回しに優れた9mm口径自動拳銃は、とりわけ刑事部の職員に重用されています。アタッチメントとして支給されているフラッシュライトは夜間の事案や目くらまし、遺留物や本部長の捜索などに利用されています。


𝐇𝐚𝐰𝐤 & 𝐋𝐢𝐭𝐭𝐥𝐞: 𝐃𝐞𝐬𝐞𝐫𝐭 𝐅𝐚𝐥𝐜𝐨𝐧 .𝟓𝟎 𝐏𝐢𝐬𝐭𝐨𝐥

身元の識別が困難になるため、射撃時は極力対象の胴体部を狙うようにしてください。


𝐕𝐨𝐦 𝐅𝐞𝐮𝐞𝐫: 𝐕𝐅𝟒𝟏𝟔 𝐂𝐚𝐫𝐛𝐢𝐧𝐞 𝐑𝐢𝐟𝐥𝐞

VF製の5.56mm自動小銃は世界中の各公的機関に採用されています。JMPDにおいてもJSOPの標準装備として支給されているほか、各警護車両のトランクに搭載されています。犯人を防弾アーマーや車両ごと貫通できる優れた性能を誇りますが、射撃中まれに銃身が真ん中からポッキリと折れます。


𝐒𝐡𝐫𝐞𝐰𝐬𝐛𝐮𝐫𝐲: 𝐌𝟕𝟖𝟎𝐌𝐂 𝐏𝐮𝐦𝐩 𝐒𝐡𝐨𝐭𝐠𝐮𝐧

全米の警官に愛用されているポンプアクション式散弾銃の軍用仕様です。その絶大な瞬間火力は近距離かつ予断を許さない状況下で真価を発揮しますが、散弾銃の使用は誤射のリスクも高めます。これまで数多の同僚や一般市民を葬ってきたこの銃の、正式装備としての採用の見直しが進められています。


―制服―

制式装備には少なくともタイプIIIA*1以上の防弾性能が付加されており、職員の安易な二階級特進を防ぎます。 

*1 NIJ規格に準ずる。


JMPD 警務部 装備課