―部門紹介―


―本部長―

JMPDのクルーリーダーです。組織の長および執行部(後述)の主席として活動を統率します。また、警務部長は執行部の次席として本部長を補佐し、本部長の不在時にはその職掌を代行します。



―執行部―

本部長および各部門の長(以下、幹部職員)によって構成される最高意思決定機関です。幹部職員は執行部の推薦・承認によって任命されます。罷免も同様です。

各部門の役職者(以下、準幹部職員)は執行部の判断や決定に対して意見具申を行うことができます。


現場主義
現場主義

―警務部―

管理部門として、職員の監督・広報活動・制式装備やドキュメントの管理・制度の刷新などの業務を担います。広報活動は広報課が担当しています。


―警備部―

VIPの警護や担当箇所の警備を行う部門です。

警備企画課は事前に職員の警備箇所や警護車列の経路を策定し、警護車列や通信指令本部(後述)から警備部の活動を指揮します。

警護課は警備箇所を警備し、公用車に乗車して警護車列を形成します。車列運行時には道路封鎖やVIPの先導を行います。戦闘時には交戦およびVIPの避難を補助します。

警備第一課(特殊作戦部隊:JMPD Security Operations Platoon, JSOP)は待機地点や車列の最後尾に配置され、非常事態に備えます。戦闘時には率先して交戦し、事態の収拾を図りつつVIPの避難を援護します。

警備第二課は危険物処理班として、発見された危険物(爆発物およびNBC兵器など)の処理を行います。


警護課
警護課
警護課(ホリデー仕様)
警護課(ホリデー仕様)
JMPD Security Operations Platoon
JMPD Security Operations Platoon
警備第一課(ホリデー仕様)
警備第一課(ホリデー仕様)
警備第二課(写真中央)
警備第二課(写真中央)

―刑事部―

JMPD管区内の刑事事件を処理する部門です。

機動捜査隊は管区内を警らし、犯罪発生時には現地にて初動捜査を行います。通信指令本部(以下、本部)と連絡を取りながら、適宜応援の要請や捜査状況の報告を行います。機動捜査隊は"機捜"のコールサインを与えられています。

捜査第一課は市民の生命に関わる犯罪の捜査を担当します。



―地域部―

管区内の治安の維持に努める部門です。

自動車警ら隊は管区内を警らし、職務質問や検問を行うことで犯罪の抑止を行います。自動車警ら隊は"自ら"のコールサインを与えられています。

交通機動隊は管区内を警らし、幹線道路および高速道路において交通違反の取り締まりや事故処理を行います。交通機動隊は"交機"のコールサインを与えられています。

航空隊はヘリコプターによる犯人追尾や要救助者の発見を行います。


自動車警ら隊
自動車警ら隊
機動部隊を支援する航空隊
機動部隊を支援する航空隊

―通信指令本部―

通信指令本部は他部門からの報告や要請を集約し、現場の職員に適切な情報や指令を送ります。通信指令本部は"本部"のコールサインを与えられています。


―統合航空本部―

[機密]


JMPD 警務部 人事課